誰でも簡単にできる美味しいコーヒーの入れ方と手順を解説!

美味しいコーヒーをお家でも飲みたいと思っても、なかなかお店で入れてくれるようなコーヒーの味にならないと思ったことは足ませんか?実は美味しいコーヒーが出来上がるまでには、美味しいコーヒーの入れ方が大事だったりします。

そこで今回は、誰でもできる美味しいコーヒーの入れ方をご紹介していこうと思います。

 

美味しいコーヒーを飲むために準備するもの

ローマは1日してならず。コーヒーも一緒です。美味しいコーヒーを飲むためには、まずは以下のものを用意しましょう

コーヒードリッパー

ドリッパー

美味しいコーヒーを入れるには、ドリッパーが絶対に必要!ドリッパーにも意外と種類があって、カリタ式、メリタ式、コーノ、ハリオなどがあって、さらにブランドやメーカーなどの違いによってコーヒーの味にどんな変化があるか分からない!

どれを選んだら良いのか迷うこともあるかも知れませんが、最初は自分の好みで大丈夫です笑。バリスタレベルでもない限り、ドリッパーの性能の違いまでは判別するのは難しいでしょうから、もしすでに家にある場合はそれを使いましょう。

個人的なおすすめはこちらですね!

ペーパーフィルター

ペーパーフィルター

ペーパーフィルターは大きく分けると「ヨーロピアンタイプ」と「レギュラータイプ」の2種類に分けられます。2つの違いはペーパーフィルターの目の詰まり方に違いがあり、カリタのペーパーフィルターのほうが目が詰まっています。ペーパーフィルターの目の詰まり具合によって、お湯の流れるスピードも変わり、コーヒーの味も変わってくるとされています。

また、台形や三角の形のもの、茶色や白色といったものもあり、プロでもどちらが良いかという判断は難しく、一概には言えませんが、どこにでもある「一般的なタイプ(レジュラータイプ)」を選んでおけば間違いはないでしょう。

サーバー

コーヒーサーバー

抽出したコーヒーを入れる物をコーヒーサーバーと呼んでいます。こちらも形は様々ですが、コーヒーの量が見える耐熱ガラスのものが一般的ですね。出来立てのコーヒーがサーバーに注がれていくのを見るのもオツな物ですが、コーヒーサーバーはお使いのドリッパーに合わせて選ぶのが、良いかと思います。

おすすめはこれ!

ちょっと容量大きめですが、温め直しがレンジでできる点や、耐熱ガラスが他の物に比べて熱による伸び縮みが約そ3分の1に抑えられるため、急激な温度変化にも強く、オーブンに入れることができるのがいいですね!

ポット

コーヒーポット

ポットなんてお湯を入れられればなんでもいいかと思われがちですが、ポットにはちょっとこだわって欲しいですね!コーヒーポットはプロ野球選手でいう、グローブやバットと同じでもはや身体の一部と同じようなモノです。

コーヒーポットにも様々なタイプがありますが、口の先が細く鶴口になっているのが便利です。ドリップするとき、傾けた時にお湯がある一定の湯の線の細さをキープしてくれます。そのまま螺旋状に回しながら注ぐことで、コーヒーの成分を良く抽出できるため、美味しいコーヒーを入れるには図のような細くなっているのを選んでいただければと思います!

オススメはこちら!

少々お値段が張りますが、持っておいて絶対に損しないポットです。

  • ドリップコーヒーを淹れる時に使用するポット
  • ステンレス製なので錆に強く直火にかけられ、注ぎ口が極細のパイプで出来ているので、ゆっくり、じっくり、思いのままにお湯を注げる
  • お湯は注ぎ口から真下に落ちるイメージで落とせるので、簡単に美味しいドリップコーヒーを楽しんで頂ける
  • 蓋を取れば8.5cmの開口部から楽々中に手が入るので御手入れし易く、いつでも気持ち良く使える

業務用としては最も有名なコーヒーポットで、多くのバリスタが使用する最高レベルのポットです。相当良い物である分、やはりお値段が結構しますので、もうちょと安いのがないかという方は下のポットもオススメです。

 

美味しいコーヒーの入れ方と手順

必要なものが揃ったところで、早速美味しいコーヒーの入れ方を見て行きましょう。

1.お湯の温度は85度〜95度に

お湯の温度でコーヒーの味が変わるのはご存知ですか?沸騰したお湯をポットに移し約30秒~1分くらい待つとちょうど良くなり、85度〜95度にしましょう。

  • 熱い湯の場合:さっぱりとして、苦味が強くなる
  • 85度程度の場合:まったりと、甘味とコクが強くなる

このときに使う水は、できれば軟水をしようするとよいでしょう。

軟水 硬水
水の特徴 サラッとしている。カルシウム・マグネシウムといったミネラル分が少ない為、コーヒー成分に影響を与えにくい。 噛めるような感覚。カルシウムやマグネシウムといったミネラル分が多く含まれている。
味わいの差 マイルドで酸味の立つ味わいになる。
コーヒーそのものの特徴が出やすい。
特に苦味が強くなる傾向がある。

2.ペーパーフィルターをセットする

名称未設定 1

フィルターは底と側面を前後に互い違いに折って、ドリッパーにぴったりとセットします。器具のサイズもいろいろありますが、フィルターとドリッパーは必ずサイズの合うものを使って隙間なくセットしてください。

3.ちょっとだけ蒸らす

coffee

お湯を注ぐ前に必ずやってほしいのが「蒸らし」です。まずはじめに少量のお湯をそっと乗せるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませてから、20秒ぐらいそのままにして蒸らすと良いです。こうすることでコーヒーに含まれるガスが放出され、コーヒーとお湯がなじみやすくなり、より美味しいコーヒーを味わうことができます。

ちなみに、注ぐお湯の20cc程度でOKです。サーバーにお湯が数滴落ちてくるのを目安にすると良いでしょう。コーヒーの粉がお湯を吸収すると中心部から次第に膨らんできますので、60%ほどお湯がまわる程度を目安に、30秒くらい待ちながらなじませることで、コーヒーの組織が拡がり湯を受け入れる準備ができます。

4.500円玉位の大きさを目安にお湯を注ぐ

コーヒー-入れる

コーヒーの粉の真ん中を中心に、湯を細く置くような気持ちでゆっくりと注ぎます。ポイントは、絶対に縁に注がないことと、一度に大量の湯を注がないこと!縁に注ぐと粉が湯に浮いてしまい雑味の多い味になってしまします。

スクリーンショット 2016-02-29 20.11.271杯分を抽出するときに注ぐ湯量のめやすをご紹介していますが、サーバーについている「1杯分」の目盛りを見ながら注いでみても良いでしょう。お湯は、中心で小さく「の」の字を書くように注ぎます。さらに、慣れてきたら注ぐお湯の量と、サーバーに抽出されるコーヒーの量がつりあうように意識して注いでみてください。
参考:https://www.ucc.co.jp/enjoy/take/easy/paperdrip.html

ポイント
予定の抽出量に達したら、粉がくぼむ前にすぐにドリッパーを降ろします。最後まで見ていると雑味が落ちるてしまいますので、その前に終了させるのがコツです。

5.完成!美味しいコーヒーを楽しむ

coffee-kansei

これで美味しいコーヒーの入れ方はマスターできました!

あとは至福のひと時をお楽しみください。

 

美味しいコーヒーの入れ方がわかる動画

最後に、美味しいコーヒーの入れ方で参考になる動画をご紹介しますので、興味があればご覧いただければと思います!

 

 

 

次は、ラテアートにも挑戦してみませんか?笑

ハートのラテアートの作り方とプロから学ぶラテアートのコツ

2016.02.13